自毛植毛のあんなことやこんなこと

AGA男性型脱毛症の症状でお悩みの男性がよく受けられているのが自毛植毛です。
どんなAGA治療でもそうですが、自毛植毛にもメリットデメリットがあります。
クリニックでも説明が受けられますが、事前に知ってからご来院した方が安心感が違います。

まず自毛植毛ではAGA治療薬が効かなかった男性でも改善が見込めると言うのが一番のメリットです。
AGA治療薬には有名なフィナステリドやミノキシジルがあり、多くのAGA患者さんの症状を改善してきました。
しかしどなたでも成分が効くわけではなく、中には効かない男性も見られます。
そんな時でも自毛植毛では後頭部や側頭部から髪の毛を採取し植毛しているので大丈夫です。
AGAでは額の生え際から、頭頂部から薄くなっていく傾向があります。
症状が進むほど薄毛が広がっていきますが後頭部や側頭部の髪の毛は薄くならないことが多いです。

その他にも自毛植毛には自然な仕上がりが期待できると言うメリットがあります。
自毛植毛では毛乳頭細胞ごと採取して植毛していますので、植毛した髪の毛は毛周期によって生え変わります。
自分の髪の毛なので見た目が自然になるのが良いところです。
人工毛と違って拒絶反応が起きる心配がほぼ無い上にメンテナンスを何度も受けずに済みます。
今まで通り理髪店や美容院でカットして貰うことだって可能です。
定着率は95%ほどと手術が成功する確率も高いです。

その代わりに自毛植毛では後頭部や側頭部から髪の毛を採取している関係上、本数に限りがあるデメリットがあります。
1回の手術で採取できる髪の毛に限りがあり、満足できる仕上がりまでに何回か手術を受けることが必要です。
メガセッションと言う通常よりも多くの本数を採取できる方法がありますが、この方法にも限りはあります。

その他にもメスで切って髪の毛を採取してから縫うために傷跡が残ることがあります。
切らないFUE法と言う植毛もありこの方法なら傷跡が目立つ心配がほぼ無いです。

さらにクリニックでの自毛植毛による費用は保険が効かない自費診療です。
手術を伴いますので費用が高額になり、全額自己負担でお支払しないといけないです。
毛穴単位であるグラフトで費用が設定されています。
切らないFUE法の場合は1000グラフトで約90万円、2000グラフトで約150万円、3000グラフトで約200万円は掛かると言われています。
薄い範囲が広いほど必要になるグラフト数が多くなり費用も大きくなります。

最初の頃にショックロスと言う一時的に抜け毛が増える症状が見られますが、これは自然に治るので心配することは無いです。
費用面のデメリットさえ何とかなれば何かとメリットの多い治療なので一度クリニックで相談してみると良いです。

もう植毛手術に決めているという方はこちら
>> 薄毛タイプ別の植毛手術の概算費用

ロボットによる最先端の自毛植毛

自毛植毛は後頭部や側頭部にある毛髪を採取し、薄い部分に植毛しています。
毛髪を採取する時にメスで切ってから縫い合わせるのですが、直線状にキズが残ることがありました。
パンチでくり抜くメスで切らない方法もありますが、毛根を傷つけずに採取するには高い技術が必要です。

最近ではロボットによる最先端の自毛植毛を行うクリニックが登場しています。
ARTAS植毛と呼ばれており、ロボットによって毛髪を採取しています。
ロボットには4つのCCDカメラが付いています。
ドクターがモニタリングしながら操作していますので、人の手では難しいような正確な採取ができると言うのが一番のメリットです。
ロボットには2ニードルシステムが導入されています。
アウターニードルとインナーニードルがあり、インナーニードルで頭皮をパンチしアウターニードルで毛根ごと吸引しています。
ロボットは毛髪が生えている角度や方向、密度など正確に判断できるために毛根を傷つけずに採取できる本数が多くなります。
このため移植した毛髪の定着率が良くなっています。

高い技術を持つドクターが手術を行っても間違うことはあります。
しかしロボットなら安定した手術ができると言うのが大きいです。
全てロボット任せだと誤作動しないか不安に思われるでしょうが、ロボットは必要に応じてドクターがマニュアルで操作することも可能です。
人の手ではできないような部分をロボットに担当して貰っていますので安心です。

さらにARTAS植毛ではダウンタイムが短いと言うメリットもあります。
メスで切ってから縫い合わせると治るまでに期間が掛かりますが、ARTAS植毛では術後から8日程度できれいになります。
なぜこんなに早く治るのかその理由は頭皮を伸ばして採取しているからです。
柔らかい頭皮を伸ばしてから毛髪を採取し、その後に元に戻すと穴が小さくなります。
穴が大きいより小さいほうが治りが早い上に目立たないです。
受ける前に後頭部を刈り上げることが必要ですが、気になると言う方はARTAS植毛用のウィッグをご用意している場合があるので聞いてみて下さい。

その代わりに最先端の自毛植毛だけに他よりも費用が高めに設定されています。
ARTAS植毛も薄毛治療の一つでありますが、薄毛治療は保険が使えない自由診療です。
最初の費用は掛かってもメンテナンスフリーですのでその後の費用はあまり気にせずに済みます。
クリニックの無料カウンセリングを受けた際に費用がどれくらい掛かるかよく相談してみて下さい。